ねこだいすき


by toro_toro_toro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:TV( 60 )

先日の続き

f0021803_2027394.jpg

このあいだオリエンタルラジオがいまいち好かんと書いたのだけども
先日じっくりネタをみて、それの原因らしきものがわかったので書いておく。

彼らの人気のネタ「武勇伝」
これをなぜいまいちだと感じるのか。
それは「ツッコミがないから」だ。
いやツッコミがないと笑えないとかそういうのではない。
ボケだけの芸もある。ボケにさらにボケを重ねるのもある。
しかし、それらはかなりおもしろくないと笑えない。
相当な腕がないと「ボケだけ」でおもしろい漫才はできないのだ。
ボケとツッコミの調和が漫才のいい所、だと私は思う。

「武勇伝」はツッコミがない。
2人で1つのボケを分割して言っているだけにすぎない。
「ボケ+ボケ」ならまだいいが、「ボ+ケ」状態。
これをごまかすためにリズムとダンスがあるだけなのだ。

「三瓶」「ダンディ坂野」「はなわ」「波田陽区」「テツ&トモ」
TVにおだて上げられて消費された芸人たちと、オリエンタルラジオの
共通点がここにあるとおもう。
「ボケだけ」「ツッコミだけ」が悪いとはいわない。
がしかし、若手でいきなり売れたやつがこのパターンだと
間違いなく次の年には姿を消す。

オリエンタルラジオは武勇伝を早いとこ封印したほうがいいと思う。
[PR]
by toro_toro_toro | 2006-01-10 20:43 | TV

天才若槻と三谷監督

f0021803_1234035.jpg

昨日のめちゃイケSPは長かった。
二時間半はながい。無駄に長い。
おもしろかったのは最初と最後。
まさか最初に大泉洋がでるとはびっくりしたが
それはひとまずおいといて、そのあとの若槻である。
書き初めでは先輩の梨花をフリとして利用し、
初「毛」出というわかりやすいボケをかます。
さらに写真集では「寿司屋+お茶=吹く」という
定番を先輩の写真集にかます。
うーむ。すばらしい。

最後の三谷監督もおもしろかった。
こちらの「おもしろい」はどちらかというとお笑いのおもしろさではなく
人的おもしろさ。
表情一つ変えずにああもおもしろいことができるとは。

三谷監督はともかく、若槻はまだ21歳。超若手である。
途中に出てきた森三中。あれどうなんだ?
「若さ、おもしろさ、美しさ」全てにおいて若槻にボロ負け。
いらねぇよ。あんなの3人も。
ブス枠でもおもしろいならいいけどさ。

チッチキチーしか言えなくなった某大御所ももうみてらんない。
過去の栄光にすがって集結し、昔話をする人たちもみてらんない。

こうやって昨日のめちゃイケSPを切り捨てていくと
矢部っち寿司だけの60分ができあがる。
・・・スペシャルって何かね(;`ω´)
[PR]
by toro_toro_toro | 2006-01-08 12:25 | TV

オリエンタルラジオ

f0021803_8381676.jpg
オリエンタルラジオか。。。
どっちもきらい。
ああ、人間的に嫌いなんじゃなくて、ネタが。

芸人はキャーとか言われて調子にのったらあかんで。
なんかジャニーズがコントやってるのに似てる感じ。
見てて楽しいのもあるけど笑えない。

これも「お笑いブーム」のせいでしょうか。
本当におもしろい芸人が一杯TVにでるのとか
M1のように切磋琢磨する場が増えるのはいいですが、
使い捨て芸人を作り出して、無駄に浪費するのはどうかと。

本当はいまいち微妙なのに、客を一杯入れてワーキャー言わせて
盛り上げて「人気者」に仕立てる。
よくあるコンパのようですね。
特に話題もないのに無理にほめたりとか
大げさにリアクションとったりとか。

だからエンタのなんちゃらとかいう番組は嫌いなのです。
[PR]
by toro_toro_toro | 2006-01-07 08:39 | TV

世界ふれあい街歩き

NHKの世界ふれあい街歩き
いやぁよかった。すばらしい。
今朝はバルセロナでした。
ガウディの建物を中心にめぐって行ってました。
グエル公園の横に小学校があるとは!
なんと恵まれているんだ(*´¬`)
カサ・バトリョもすごいな。。
天井から壁からドアまで、すべてにおいて個性的。
ガウディは本当に天才と言うしかない。
入場料がえらい高かったのはびっくりしたけど
2000円以上払う価値は十分あるな。
あああ・でもグエル公園はただで見れるのか。
バルセロナ、一度は行ってみたいな。
でも言葉しゃべれないと楽しさ半減だろうしなぁ・・・

この番組の特徴として、「ステディカムだから揺れない」というのがあります。
ステディカムっていうのは歩きながら撮っても、ゆっさゆっさと画面が揺れないという
便利なカメラです。カメラというより、台というか。。
映画撮影とかでよく使われるのかな?
「水曜どうでしょう」とか「電波少年」とかは、小型カメラでゆっさゆっさ揺れる
「本来はTVとして使うべきではない低画質の画像」がいいのであって、
あれでステディカムを使うと楽しくないと思いますが、
この番組にはぴったりです。
本当に自分が街の中をふわふわ歩いているような感じで。
あと、ハイビジョンカメラだから画角も広くていいのかも。

最近NHKがいろいろ不祥事とかあってごたごたしておりますが
こういったドキュメントや、「映像の世紀」のようなNHKスペシャルなら
NHKの右に出る物はないと思います。
なので、無理して紅白を若向けに作り直すとかしないで
硬派な番組をこつこつ作っていって欲しいとおもいます。

あ、今夜はBS1で「カラー映像でよみがえる昭和初期の日本」とかいうのがあるな。
うーむ。ぜひみたいな。
[PR]
by toro_toro_toro | 2006-01-03 07:09 | TV
f0021803_595593.jpg

正月TV漬け。めずらしい。
いつもほとんどTVを見ない(むしろつけやしない)のに
年末年始はTV見まくりです。
原因はお笑い番組とNHKの再放送のせいです。

爆笑ヒットパレードは第0部~第3部まであったのかな?
0部はいわゆる番宣なので見ない。
1部は大御所枠。早起き老人向け。
正直つまらんかった。
でも、開始直後の爆笑問題太田(司会)の暴走ぶりはすごかった。
あれをみれただけでも第1部は大満足。
大阪の中継でレポーターとして出てきた人に
「あなたさまぁ~ずの彼女でしょ?」と暴露しちゃったときのあの表情は
演技では決して見れないマジものでした。
第2部の最後の爆笑問題の漫才も、時事ネタを盛り込んだ禁断の漫才でした。
あれをみて、お笑い芸人ですらああ言うネタを限られた人しか言えない
現在のTVはもはや時代遅れだと痛感しました。
(これについて細かく説明はまた後日で。。)

第2部は眠さ満開だったので録画して見ました。
録画して見ると、つい「悪い所」ばかり目にとまります。。
昨年のハイレベルなM1を何度も見まくったせいか、
芸人が気を抜いているのが丸わかりで、物足りなかったです。
千原兄弟とか普通の会話やし。

内Pは「すばらしい」の一言で。
新年SPといえば、無理して無駄な企画をしすぎてつまらなくなる番組が多い中で
いつもと変わらないというすばらしさ。
あんなに下ネタ流して大丈夫なのか?
特におもしろかったのが俳句大会。
通常の「5・7・5」形式ではなく、くじ引きで決まった
「5・7・2」や「3・3・2」などの形式で俳句を詠むというコーナー。
「このきれいな景色をみて俳句を」というルールなのです。
最初のほうは「この景色 見れば見るほど 良い」とか
ちゃんとルールに沿ったものなのですが、
さまぁ~ず大竹あたりからだんだん崩れていき、何でもありに。
「柔道を やってるかみさん 谷」
「花瓶かな 買ってみたけど 壺」
「マグロとか ブリとか混ぜた ツナ」
あたりは神がかってますな。
あの状況で思いつけるのがすごい。
次に内Pやるのはいつなのかなぁ・・
[PR]
by toro_toro_toro | 2006-01-02 22:21 | TV

レイザーラモンに制裁を

f0021803_5595694.jpg

昨日オールザッツ漫才を見ました。
0時~朝5時までという長い番組でしたが、芸人が一杯でるので見ました。
そこにレイザーラモンのお二人がいました。
今年大ブレイクした「HG」。
レイザーラモンHGを起用するテレビ局に「PTAで数千人の出演拒否の署名を集めたので送りたい」という50歳女性も出てきたそうで。

私もPTAの方々まではいきませんが、正直あの「フォーーー」だけで何でもすませるのが
どうにも寒かったので、あえて避けて見ないようにしていました。
でも否応なしにいろんな情報は入って来るもので、
HGをはじめる前の普通の写真や、HGと普通の相方の写真やらは
ネットで見て知っておりました。

しかし、昨日みて愕然としました。
相方が「RG(=リアルゲイ)」として、HGそっくりの衣装を着ているのです。
いや、どう見ても「着させられてる」のです。
HGをブレイクさせてしまったTV局に着させられている。
「フォー」とか言わせられている。
そんな空気丸出しで、とてもじゃないけどみてられませんでした。
HGと普通の相方でいいのに。
ああレイザーラモン。TV局に消耗されている様がありありと見えて
つい悲しくなりました。お笑い番組を見ていたはずなのに。

HGはというと、今年売れまくっただけあって
もうキャラがぴったり。いつカメラがきても「HGとして」完璧だ。
芸人として、仕事として100%をこなしている。
それに比べRGは・・・ハズカシイならやるなよと言いたくなる有様。

PTAの方々はもっと現状をよく見て、
レイザーラモン「RG」の出演拒否の署名を集めるべきだと思った。
[PR]
by toro_toro_toro | 2005-12-31 06:00 | TV

オールザッツ漫才

f0021803_610061.jpg

オールザッツ漫才をみました。
司会は陣内智則と若槻千夏。桃鉄のCMですね。
(実際CMも流れました。)

5時間見ていて「おおっ!これはっ!!!!」と思ったのが
若槻が芸人を紹介する際、
「それでは○○さんです、どうぞ~」
と言い終わったあとの口がぷくっとなるのがカワイイなぁ・・・というもの。

どこ見てんだよおまえと言われてもしかたがないです。
ああも毎回ぷくっとされちゃあ。

いまだに友近のおもしろさが1ミリもわかりませんでしたが
私がおかしいのでしょうか。
[PR]
by toro_toro_toro | 2005-12-30 06:00 | TV

M1を検証してみる

もう二日もたってしまったが、改めて今回のM1をじっくり見直してみた。
再度冷静に見ていて気付いた事がある。
会場にいる客の反応と、点数の関連性だ。

f0021803_21381499.gif

このグラフは全ネタを見ながら、会場の笑いの大きさや
手を叩く割合などで集計したものだ。
「笑いの大きさ」の線引き自体に私の主観が入ってしまっているから
厳密にどうこうは言えないが、そこは大目にみてほしい。

[私の勝手な区分法]
笑い小:会場の半分以下しか笑っていない時。数人のみの場合は含まない。
笑い大:会場全体が笑っている時。
拍手パラパラ:笑っているのが会場の半分以下&数人が手を叩き笑う。
拍手普通:会場全体が笑っている&数人~半数程度が手を叩き笑う。
拍手大:会場全体大爆笑。笑いと拍手のため一旦進行が止まるほど。
漫才の開始時間は入場の音楽が鳴り終わった時、
終了はお辞儀をした時。

こうやって見ると決勝に残った組が浮かび上がってくる。
・・・かなぁと思ったのだがそうハッキリとわかるわけでもないな。。
南海キャンディーズが不発だったのはものすごくわかりやすいけど。。

アジアンなんかは結構笑いとれてるのにあれだけ順位が低かったのは
「間」がいまいちな部分が何回もあったからかなぁ。
「間」とか「テンポ」を数値にするのは難しいからそこはどうにも。

で、あまりうまく言い表せないのだけども
「笑い小」とか「拍手パラパラ」とかはプラスポイントにならないんじゃ
ないかなぁ、と思うのです。
審査員の人たちは「拍手大」とか「笑い大」とかしかプラスとして見てないんでは。
見てないというかむしろ笑えないのか。
笑いのしきい値が高いわけだ。
逆に「笑い小」だけ続くと、いくらずっと笑いが起きてても
テンポが悪いからマイナスポイント・・と。

まあやっぱり笑いをポイントで評価するのは難しいみたいですが
今回、時間をきっちり計ってみてびっくりしました。
ブラックマヨネーズ、二本ともこんな短かったのかよ。
短いのにあれだけ大爆笑しまくりだったわけか。
そりゃ優勝して当然だな。おめでとう。
笑い飯はまた来年に・・・_|\○_
[PR]
by toro_toro_toro | 2005-12-27 22:15 | TV

M1結果集計してみました

2005年M-1グランプリの各審査員ごとの採点結果をまとめてみました。
笑い飯が普通に調子よかったのが(*´¬`)!
アジアン決勝いける力はあるのになぁ・・
微妙に焦ってかみ合って無い所とかあったし、しかたないかな。。
全然しらなかったブラックマヨネーズがえらいおもしろくて焦りました。
最後の方時間がかなりきつきつだったみたいで、スタッフの方が
「巻きで!(急いで!)」と手をぐるぐるしているのが映りまくってました。
その結果、ぎりぎり小切手渡すまでは放送できましたが
「賞金100万円 M-1グランプリ優勝予想3連単」の当選者発表がなかったです。
ブラックマヨネーズをTOPと賭けていた人はかなり少ないだろうなぁ。

M1ファーストラウンドの採点

  中田カウス           大竹まこと            島田洋七
1 麒麟.         97  1 麒麟          90  1 ブラックマヨネーズ. 96
2 ブラックマヨネーズ 96  1 ブラックマヨネーズ  90  2 麒麟.         95
3 笑い飯        95  3 品川庄司       89  2 品川庄司..      95
4 千鳥.         93  4 千鳥          88  4 笑い飯.        91
5 チュートリアル..   91  5 笑い飯..        85  5 千鳥.         86
6 アジアン       90  6 チュートリアル.    84  5 チュートリアル..   86
7 品川庄司..      89  7 タイムマシーン3号. 82  7 タイムマシーン3号 82
8 タイムマシーン3号 88  7 アジアン..       82  8 アジアン.       81
8 南海キャンディーズ 88  9 南海キャンディーズ 79  9 南海キャンディーズ 79
-
  ラサール石井         渡辺正行          松本人志
1 麒麟..         95  1 ブラックマヨネーズ 93  1 ブラックマヨネーズ  95
1 チュートリアル    95  2 麒麟         91  1 チュートリアル.    95
3 ブラックマヨネーズ. 94  3 笑い飯        90  1 笑い飯..        95
4 笑い飯.        92  4 千鳥.         89  4 麒麟          90
5 品川庄司       91  5 品川庄司.      87  4 品川庄司       90
6 千鳥..         89  6 チュートリアル..   86  6 千鳥          80
7 アジアン.       86  7 タイムマシーン3号 83  7 タイムマシーン3号 75
8 タイムマシーン3号 85  8 アジアン.       80  7 南海キャンディーズ 75
9 南海キャンディーズ 80  9 南海キャンディーズ 79  9 アジアン.       70
-
  島田紳助
1 ブラックマヨネーズ. 95
2 麒麟..         88
3 品川庄司..      85
3 チュートリアル    85
3 笑い飯.        85
6 千鳥..         82
7 タイムマシーン3号 76
8 アジアン.       75
9 南海キャンディーズ 72


M1決勝戦での投票結果

中田カウス    ブラックマヨネーズ
ラサール石井.  笑い飯
島田洋七     笑い飯
大竹まこと.    笑い飯
渡辺正行     ブラックマヨネーズ
松本人志     ブラックマヨネーズ
島田紳助     ブラックマヨネーズ
[PR]
by toro_toro_toro | 2005-12-25 23:31 | TV

さんまと大泉洋

今日のさんまのまんまは大泉洋が出演していた。
最初5分を見逃してしまったが、おおかた見ることができた。

お笑いに超きびしいさんまとの対決は前から気になっていたが
予想以上にさんまが大泉洋を「認めて」いるのがびっくりした。
ボケやつっこみ、返しに対する「おまえ、それあかんで」の声が皆無だった。
初見のアイドルにまでお笑いダメだしをするさんまとしては
極めて珍しいことではないだろうか。

雰囲気としては所ジョージとかと話をしているようなそんな空気だった。

べつに「さんまが認めたからすごい」というわけではないけれども
あのお笑い大怪獣を前にして対等にトークできたというのは
十分すぎる実績だとおもう。
[PR]
by toro_toro_toro | 2005-12-17 03:48 | TV