ねこだいすき


by toro_toro_toro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:TV( 60 )

よんたいいち

f0021803_5501337.jpg

(´・ω・`)ショボーン
[PR]
by toro_toro_toro | 2006-06-23 05:50 | TV

オカダユウヤ

f0021803_034973.jpg

めちゃイケのコーナーで、有名芸能人に扮した岡村が
リポーターに取材されて押しまくられてえらいことになるというものがあるのですが、
今日のめちゃイケで久しぶりにこのシリーズをやっていた。

古くは横山弁護士から、岡ちゃん(サッカー監督)とかもやってましたね。
マスコミがいかにばからしいかということを笑いにしているのが
非常に滑稽でおもしろいです。

今回の内田裕也に扮した「オカダユウヤ」編は
久しぶりにもかかわらず、非常におもしろかったです。
特に山本のコケ方とかうますぎて、腹を抱えて笑いました。
カメラから水鉄砲とかも古典的ですが、そこに浜口の差し出すきのこの山が
いいタイミングで来るもんですから、またも大笑いしてしまいました。

うーむ。めちゃイケでこれほど大爆笑したのは久しぶりだ。
山様初登場以来かもしれん。
今日はめちゃイケの底力を見せつけられました。
[PR]
by toro_toro_toro | 2006-06-17 23:33 | TV

いまいちなCM

f0021803_1821482.jpg

「Red Bull 翼をさずける」

このCM、微妙すぎ。
微妙というかいまいちというか、ハッキリ言って駄作。
・背景が無い
・音楽も無い
・構図が固定
・ストーリーが無い
・会話が単調
専門学校の生徒に作らせた方が100倍いいのんができるね。

で、こんな駄作CMを垂れ流しているRedBullって何なんだ?
と思い検索してみると、どうやらこれは普通のジュースじゃなくて
栄養ドリンクらしい。
うーむ。CMからそんな効能みじんも感じられんかった。やっぱり駄作だ。

さらにさらに調べると、どうやら世界のエナジードリンク市場で70%を占めるほどの
超売れまくりTOP企業らしい。
へぇー
なのになぜあんなしょぼいCMなんだろ。。

調べれば調べるほど謎が深まるのでした。
[PR]
by toro_toro_toro | 2006-06-16 18:16 | TV

昨夜のフランス映画

f0021803_8282115.jpg

昨日の夜、なんとなくサッカーをつけていたのですが
あまりに退屈だったのでチャンネルをいろいろ変えてみました。
そうしたらなにかおもしろげな映画をやっていて、結局それを
ばっちり最後まで見てしまいました。

この映画、ある妻子ある男が女を口説いて不倫するという物語なのですが
なんとずーーっと一人称の目線のみで撮られています。
「視線のエロス(1997年・フランス)」という、まあ何ともそのまんまの題なのです。
フィリップ・アレルが監督・脚本・主演となっていますが
この「主人公」は一度鏡に映るだけで、あとは手とか足とかしか写りません。
だって常に主人公からの目線で撮影されてるわけですから。

なにが良かったって、このヒロインの表情がすごくいいのです。
こうやって主人公目線でガッツリ視線を向けられると
まるで自分がデートしているかのような、擬似恋愛状態になるわけです。

…ってここまで書いて思った。
これっていわゆる「恋愛シミュレーション型ゲーム」というやつの実写版なんじゃないの?
男はひたすら女を口説いているだけだし、女は男をいろいろ振り回しては
ことあるごとに軽々と×××しちゃうわけだし。

うーむ。
昨夜は「なんて斬新でおもしろい映画なんだ」と思って見ていましたが
朝になって冷静に考えると「単なるエ○ゲだった」という事実。
悲しいですね。

注:私は「恋愛シミュレーション型ゲーム」というやつはしたことないので
  実際は違うかもしれません。
[PR]
by toro_toro_toro | 2006-06-12 08:39 | TV

MUDA

f0021803_21111130.jpg

やっぱりめちゃイケでパロディやってくれました。
しかも全員分。

11人分+ナイナイ二人のバージョンがあったのですが
二人のバージョンがなんだか超楽しそうだった。
こういうのん見ると本当にナイナイって仲ええんやなぁと思います。
[PR]
by toro_toro_toro | 2006-06-10 21:13 | TV

内PどっきりHG

内P、内村プロデュースを見た。
内容は「リアル性格王どっきり決定戦スペシャル!!」ということで
全編どっきりだった。

毎度おなじみ三村や出川はさすがのリアクションだった。
だが、今回は意外なところで関心してしまった。
HGである。

「どっきりを仕掛けられた三村がどこで気付くか?」という問題で
回答者席に座ったHG。
前の問題までは4択(Lv1~Lv4)だったが今回は3択。
なのにすかさず
f0021803_1749395.jpg

「レベルフォ~!」

芸人全員から批難されるも、やりきったHG。
さすがだ。これでこそ芸人。
そのあとに真面目に答え直すのも良い感じ。
根は真面目な人なんでしょうね。
どこまでこの芸風でがんばれるかわかりませんが、がんばって欲しいものです。

まあ、↓こんな場面もあったりしてうっかりさんですけど(;´¬`)
f0021803_1753324.jpg

[PR]
by toro_toro_toro | 2006-05-08 22:55 | TV

ブログの女王

f0021803_071452.jpg

Blogの女王という新番組を見た。
もちろん眞鍋かをり目当てだ。
というのも日曜夜にやっていた爆笑問題のススメが終わってしまったので
それに変わって眞鍋かをりが出る番組を見てみた、それだけのことである。

しかしこれはひどかった。
前の爆笑問題のススメが深夜番組にもかかわらずすばらしい内容だったのとは裏腹に
これはまさに手抜き・やっつけ・とりあえず的な深夜番組だった。
上の画面を見て貰えればわかると思うが、眞鍋かをりは司会ではないのだ。
アシスタントでもない。
「女王」としてただ座っているだけなのだ。
たまに振られてコメントするけど、番組の作り的に見て「どうしても必要なポジション」
には到底見えない。

この企画、最初は眞鍋かをりなんて入れる気無かったんではないのだろうか。

あの二人の司会+審査員でBlogとかネットの話題を軽く紹介するミニ番組のつもりだったのに
眞鍋かをりがTB日本一とか取っちゃって、
さらにブログ普及委員会委員長に就任しちゃったりするもんだから
急遽眞鍋かをりを「女王」というとってつけたようなポジションにねじ込んだのではないだろうか。
そして15分の枠を30分に無理矢理拡大したんではないだろうか。

そう考えるとあの見たこともない二人の司会も、
微妙な人選の審査員も、すべてが納得いく。

眞鍋かをりには悪いですが、もう二度と見ません。
[PR]
by toro_toro_toro | 2006-04-20 00:22 | TV

バカ政治家

f0021803_21175093.jpg
「太田光の私が総理大臣になったら」をみた。
中盤あたりで、簡単なクイズがいくつか出題されていて、それを政治家やらタレントやら、スタジオのいろんな人が解いていた。
日頃「朝まで生TV」とかに出て、えらそうに意見を言いまくってるこのおっちゃん。「イラクの位置はどこ?」という知ってないとおかしい問題で二人揃ってバカ丸出し。イラクの位置も知らないで国際情勢語ってたんですかね。あり得ないね。
もっと微妙な位置の国を間違えるんならまだしも、イラクですぜイラク。
イラクは隣国の小国ながらも石油資源の豊富であるクウェートに侵攻したんですよ。そんなのも忘れたんですか。アメリカの空母がペルシャ湾から攻撃したのも忘れたんですか。

まったくこんな簡単な基本事項もわからずにイラク派兵のこととかよくもまあえらそうに言えるもんですね。

まあ、俺がこの番組を見ようとしたのはそんなこと全く関係なしに、ただ眞鍋かをりが出てたからですが。
[PR]
by toro_toro_toro | 2006-04-14 21:25 | TV

トツギーノ

f0021803_18221693.jpg

『Mr. & Mrs.スミス』DVD プレミアム・エディションのCMなわけだが
不条理にもほどがある。

大体CMになってないじゃないか。
普通こういうのんやる場合は、商品にあわせたネタを芸人に無理矢理やらせるわけだ。
そしてつまらなくて滑って、芸人も商品も売れなくなる。
これが普通の企業のCMだ。

しかしなんだこれは。
サイコーじゃないか。
やるねぇジェネオン エンタテインメント株式会社。

余談:
バカリズムと聞くとどうしてもジャリズムのバカドールシアターを思い出してしまう。
あれもサイコーだったなぁ。
[PR]
by toro_toro_toro | 2006-04-08 18:23 | TV
f0021803_3303617.jpg
「爆笑問題のススメ」がとうとう終わってしまった。最初から見てたわけではないが、ここ1年ほどは欠かさず見ていたので非常に思い入れがあり残念である。

最終回のゲストは太田光、すなわちいつも司会をしている爆笑問題の太田である。最終回だからゲストをよばずに今までのVTRで昔を振り返っておしまい、という簡単な事をやるのかなぁと思っていたら違った。いい意味で裏切られた。


上のキャプチャ画面でもわかるように、
太田はこれだけの本を出していたれっきとした「作家」だったのだ。
(この画面に映っている24冊だけでなくまだあるらしい)

今回、太田は完全に作家の太田としてゲストで登場し、
いつも作家の人たちがやっているように自分の考えについて語りまくっていた。
その真剣に語る姿をみて、「ああこれは本当に最終回なんだなぁ」と
ぼんやりと実感したのでした。
ショートコーナーである「あとがき」も「感じ短歌」も「かをりチェック」も無し。
全編太田の語りだけで終わった最終回でした。

「爆笑問題のススメ」という作家とただ話をするだけという番組にふさわしい、
原点に返ったとてもよい最終回だったと思いました。

とてもよい・・・のですが、来週からは何やるんだろう。
眞鍋かをりのレギュラーが1つしか残っていないというのが
非常に気がかりです。
f0021803_3452740.jpg

[PR]
by toro_toro_toro | 2006-04-03 03:46 | TV