ねこだいすき


by toro_toro_toro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:技術あれこれ( 76 )

AJAX(Asynchronous+Javascript+XML)で一番大事なのはA(非同期通信)なのではないでしょうか?という記事が結構いろんなところで取り上げられたりしていてびっくりします。
当たり前だろうに。今更何を言っているんだ・と。
いあ、この文を書いた人もそんなことはわかっていて書いているんだと思いますよ。
問題はそれを読んで「そうなのか!」とか「なるほどね!」とか言っちゃってる人たちです。

AJAXで一番大事なのは非同期通信です。
でもこれはあくまでも説明用のお話としての事。
実際AJAXを用いてWEBアプリを作ろうとして、一番大事なのは何でしょう?
UI?---もちろん大事かもしれません。でも本質ではないのです。
一番大事なのは「膨大なデータ」なのです。

「当たり前やん」とバカにできる人は正常。

あくまでも非同期通信は「膨大なデータ」を必要に応じてバックグラウンドで
読み込むためにあるのです。
裏を返せば、膨大なデータがないのならAJAXは必要ない。
最初からデータ全部読み込んじゃって、普通にJavascriptのWEBアプリとして動かせばいい。

近頃のAJAXバブルとも言える状況で、雨後の竹の子のように増殖する
「自称・AJAX製WEBアプリ」
GoogleMapsを設置するとかamazonの結果とかGoogleの結果を持ってきてゴニョゴニョするだけとか。
たしかに個人がパッと膨大なデータを自由に扱えるだけ手に入れるには
amazonやらGoogleの検索結果を利用するのが手早いよ。
でもね、よく考えてよ。amazonの手先、Googleの手先になってるだけだよ?
そんなん作ってて楽しいのかね。
スキンやら挙動やら、いわゆるガワを作ってるだけやん。儲かるのはあちらさん。
いや、それで満足して楽しいのならいいけどね。

WEB2.0(←この言葉はあまり好きじゃないけど)と言われているなかで
「ユーザーからの情報を蓄積し、サービスに利用する」という概念があります。
はてなとかまさにこれやね。
GoogleVideoもそうだし、FlickrもGMailも。

そう考えると、話題になっている「AJAXでOFFICE」というのは
いささか方向が違うのではないか、と思うのです。
いやたしかにどこでも使えて便利だけども、それをわざわざJavascriptで作らんでも
いいだろうと思うし、データは個人の蓄積だけだとすると
大して非同期の意味もなさげだし。。

結局今のところ思いつくような「イイトコロ」である
「WEBやメール検索」「写真やビデオ共有」「地図検索」は大手に取られてしまってるんですね。
ぐぐるさまには勝てんよ。もうパイは全部食われちゃったのかもな。

あ、MMORPG作ればいいんじゃない?
データサイズは膨大だし、ユーザーからの情報を利用できるし。
・・・まあ、作っても重くて使い物にならんだろうな。

というわけで、やたらえらそうに意見を書いてみました。おしまい。
[PR]
by toro_toro_toro | 2006-01-30 04:03 | 技術あれこれ

Googleの悪意

f0021803_2154914.jpg

右の広告に注目。
ぐぐるさんの技術力に圧倒されますね。

悪意はないんだろうけど。。
(昨日はでてたんですが、今日やってみたら広告でなくなってました)
[PR]
by toro_toro_toro | 2006-01-25 21:53 | 技術あれこれ
f0021803_18504646.jpg

バイトヘル2000というPSP用ゲームがある。
実物はみたことないけど、この動画をみれば大体どんなゲームかがわかるだろう。

amazonで提灯レビューを書いている奴らに言おう。
「アドバンスでだせばええやん」と。
むしろゲームボーイカラーで十分なんじゃない?

SONYは本当に迷走してるな。
DSと比べて唯一自慢できる点が「画面がきれい」なんだから
その土俵で闘わなきゃ勝ち目ないよ。
なんでDSでお手軽系ゲームが売れたからってPSPでも出すのかね。
5000円も払ってこんなゲームをでかいPSPでする気になると思うの?

先日、図書館で「ソニーの法則」という本をみかけました。
1998年出版で、まだSONYがいい感じだったころの本です。
ちらっと読んだだけですが、えらい内容でした。
「SONY社員はえらそうだった」とか
「MD1号機は間に合わないのがわかってたけど不完全なまま出した」とか
うーむ。なるほどねと思わせられます。
MDのころからそうだったんだからPSPが不具合まみれなのに
「ユーザーのほうがボタンにあわせてくれないとこまる」
なんて言葉が出てくるわけですね。

PSPはまだ必死でCMとかやってるから話題も続いてるけど、
PSXとか完全に闇に葬られましたね。覚えてますか?PSX。
・・・ウォークマンAも既に話題にはのぼりませんね。。

いくらその時は業績がよくて、ブランドイメージも高くても
傲慢だったり、不具合がわかっててもリリースを急ぐような企業には
就職しないでおこうと堅く誓ったのでした。
[PR]
by toro_toro_toro | 2006-01-15 18:53 | 技術あれこれ

AJAXの事

RSSリーダーでキーワードを指定しておいて、
時間がある時にまとめて一気に読んでおります。
で、一応キーワードに「AJAX」とか入れてみたんですね。
他のみんなはどんなの作ってるのかなぁとか思って。

わんさか引っかかるのですが、その大半が
Google Mapsを自サイトに載せただけとか
ちょこっと手を加えただけのもの。
(はてなマップの超劣化版みたいなの)

もううんざり。
作るなら1からGoogle Maps作れよと。
「本当に必要として」作ってるんではなくて
「流行だから」作ってる人が多いんですね。。
[PR]
by toro_toro_toro | 2006-01-06 16:13 | 技術あれこれ
f0021803_113435.jpg
ニンテンドーDSが世界で1000万台の売り上げを達成だそうで。
かたやPSPは・・・_|\○_
いろんな所で既に言われていると思います
「PSPはなぜ売れなかったのか」
これをもう一歩掘り下げて、
「どうすればPSPは売れたのか」
を書いてみます。
(※注:私はPSPもDSももっていませんが!)


1:PSPはUMDが大きな足かせとなっている
 発売直後、UMDが飛び出す不具合発生。
 また、UMDのせいでゲームのロードが異様に遅い。
 UMDのせいで電源管理が大変。
 UMDはRがないので、開発側からみると大変。
 (リリースするまで実際の動作がわからない)

→UMDはやめにして、ROMカセットにする。
 また、独自規格はやめてメディアはメモリースティックPROにする。
 もしくは安くて小さいSDカード。
 もっと安くて落とさないサイズのコンパクトフラッシュ。
 (CFは著作権保護がなかったっけ・・・?)

2:大画面ワイド液晶が足かせとなっている
 ワイド画面だから、旧ソフトをそのまま移植することが困難。
 よって、いわゆる「額縁」などという全く意味のない移植ソフトがあふれることに。
 また、これも消費電力をえらい食う。
 でかい画面なのでドット欠けが発生しやすく、不評。
 横がぎりぎりになって、ボタンと干渉して「□ボタン」が操作不能に。

→ワイド液晶をあきらめる。
 縦サイズはそのまま、横サイズをワイドじゃなく普通の4:3にする。
 面積比で75%に。歩留まりも上がる。
 もちろんそれだけ消費電力も減らせる。
 ボタンもぎりぎりじゃなく配置できる。
 あのバカみたいにでかくて「携帯」には不向きな本体も少しは小さくなる。

3:電源管理がぎりぎりなので、実はCPUは2/3しか働いていない

→UMDとそれのピックアップやモーターなど、かさばる物を取った場所に
 電池を増量。(増量しなくても十分かも)
 CPUをフルで稼働させる。

さあ、ここまで思い切った改造をしたとしよう。
もしこの本体でPSP発売当時に売ったとすると
売れるだろうか!

きっと、「それ何てアドバンス?」と言われるだけにちがいない。。。

そう。PSP発売当初はDSはまだ出荷していません。
直接的な敵はアドバンスなのです。が、
どうみてもアドバンスとあまりかわりませんよね。。。
アドバンスは下位互換もあり、昔のソフトも遊べるし。。

新ハードで携帯ゲーム機市場で闘うには、差別化が必要だったわけです。
でも、PSPが用意した差別化は全て裏目にでました。
かたやDSは、はなからPSPは敵ではないようでした。
ニンテンドーDSの仮想敵は実は自社の「アドバンス」ではないでしょうか。

どうも任天堂は「既存のソフト流通」を「変えよう/壊そう」としているように見えます。
古くはディスクシステムの書き換えサービスから始まり、
スーパーファミコンをロッピーで書き換えてみたり、
サテラビューで衛星からソフトをDLさせてみたり(売れなかった)
ソフトを物として流通させるだけでなく、データとして売る試みを
任天堂は昔からしておりました。
そして今、ブロードバンドの普及と無線LANの高速化により
ついに「任天堂がやりたかったこと」が実現しはじめたようです。

DSが売れているのはタッチペンやダブル画面など
いままでにない遊び方ができる点だとおもいますが、
アドバンスになくてDSに搭載された「無線LAN」こそ
任天堂の隠し球なのではないかと思います。
すれ違い通信だけでは終わらない。。。
[PR]
by toro_toro_toro | 2006-01-05 23:48 | 技術あれこれ

iPodのUI

f0021803_227735.jpg
今朝の通学途中はありえないほどの雪が降っていて、JRは結局30分遅れで到着。そしていつも30分の道のりを倍かけて走行。
信号待ちで延々と止まってる車内はすごく静かで、外は一面雪景色。
「こ・・これは冬の曲ばっかり集めて聞くといい感じかも!」
とか思って、早速iPodのOn-the-Go機能(iPod単体でプレイリストを作る機能)でぽちぽちとリスト作成。元から春夏秋冬に分けたプレイリストとか作ってればよかったなとか思いながら。。

で、操作してて気付いたのです。
「iPodって初代からUIの根本部分は変わってないんやん」って。

・iPodのボタンについての注
初代:物理的回転ホイール&すぐ外にボタン
第2代:ホイールが回転しなくなる(タッチホイール)
第3代:全てのボタン・ホイールがタッチセンサー式に。
    ボタンはホイールすぐ外ではなく画面下に一列に並ぶように移動。
第4代:クリックホイール採用。
    タッチ式ホイールの内部にクリック式ボタンを組み込んだもの。
第5代:第4代と同一

第3代は大きな改良が加えられたモデルで、ボタン位置が違うのでこれだけ例外ですが、
その他は基本的にホイールの位置から親指を離す必要がないのです。
iPodを手に取ると、自然に親指がホイールの真ん中あたりに位置します。
そのままぐりぐり回したり押したりするだけで簡単につかえる!
今や当たり前になったこのiPodのホイールは実はすごい革新なのですよ!
iPodが売れている(シェアをキープし続けていられる)のは
コレのおかげなのだと思います。

さらに実は第4世代から導入された「クリックホイール」も
初代・第2代のホイールのすぐ外側にあったボタンをホイール内に組み込んだだけであって、
「使い手」から見ると同一なのです。

つまり、最初にiPodを設計したときの思想がそのまま今まで生きているというわけで。
最初からの完成度の高さが伺われます。
だからといって、初代の仕組みのままじゃあここまで売れなかったのは明白なわけですし、
細部のブラッシュアップは常にしていかなければいけないのだとも思わされました。

思想を貫くために妥協できるもの、古いものはどんどん切り捨てていくのも
Appleならではでしょうか。電池の持ち時間とか。Firewireとか。
でも捨てることによって得るものの方が大きいから
結局市場に受け入れられるんだろうなぁ。。


なぜか雪の日にiPodのボタンについて熱く語る人は
やっぱり変わった人でしょうか_|\○_
[PR]
by toro_toro_toro | 2005-12-23 03:08 | 技術あれこれ