ねこだいすき


by toro_toro_toro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

圧倒的すぎてお話にならない

f0021803_424374.jpg

iPhoneが出た時、各所で
「これが日本で発売されたら日本のメーカーは終わりだ」
「ケータイ鎖国文化の日本にとって、黒船となるだろう」
と言われていた。

iPod touchは基本的にiPhoneから電話機能を取り除いた物なので
iPhoneを触った事がない私でもなるほど納得できる。
その通り。日本メーカーでは太刀打ちできん。
そしてこれは黒船どころかICBM並の破壊力だ。
(ICBM:大陸間弾道ミサイル)

iPhoneとiPod touch。この二つのiPodの凄いところはどこなのか。

日本のケータイのように最先端機能が全部入りなわけでもなく、
SONYのウォークマンよりも電池寿命も音質も平凡だ。
ケータイの画面でもWVGA(800×480)の機種があるのに
これはその半分以下(480×320)しかない。
薄くてツヤツヤな反面、指紋が目立つ。
ポケットからつるっと落ちそうな格好なのにストラップ穴すらない。

まったく、スペック面だけ見たらひどい物だ。
しかし、手に取るとその評価は逆転する。

なにせ使うのが楽しいのだ。快適なのだ。
CoverFlowがこれほどまでにスムーズに動くのか。
写真の閲覧がここまで自由自在に思い通りにできるものは見た事がない。
(PC、デジタルビュワー、写真集など全てひっくるめて)
この画面サイズでPCと全く同一のWebブラウジングができるとは。
動画の再生も読み込み待ちが全くない。30fpsでなめらか。
シークバーを直接さわれるので頭出し自由自在。

そしていつでもHomeボタン(□)を押せばメインメニューが一瞬で出てくる。
2度押しならいつでも音楽コントロールが出てくる(Holdしてても!)

なにせ待たされると言う事が極端に少ないのだ。
全てがスムーズに動き、指に吸い付くようにスクロールする。
指を弾けばその速度ですべっていくし、指で押さえれば一瞬で止まる。

ケータイを使っている人なら一度は経験があるだろう。
アドレス帳やメール画面で↓ボタンを押しっぱなしにして
イライラするスクロール画面とにらめっこした事が。
撮った写真を人に見せるのに[次へ]ボタンを押していくのだが、
写真を見ている時間よりも[処理中...]とだけ表示されている時間のほうが長い事が。

そのくせ使いそうにない機能ばかり増えてどんどん値段は上がる。
図体もでかくなり、ますます挙動がもっさりとなってゆく。

どこか間違えている。作り方のプロセスに大きな欠陥がある。
世界一多機能な日本のケータイがiPhoneのように賞賛をあびるにはどうすればいいか。
これを考えてみようとおもう。
しかし長くなりすぎたので続きは次回で。
[PR]
by toro_toro_toro | 2007-10-30 05:12 | 技術あれこれ