ねこだいすき


by toro_toro_toro
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

エビ料理人にもの申す

f0021803_1835227.jpg

先ほどわたくし、茶碗蒸しを食べていたのですよ。
市販の10分ほどお湯で温めればいいというものです。
具がいっぱい入っており、非常にうまうまと食べていたらですね、

エビが入っていたんですよ。

わたくしエビは決して嫌いではありません。
寿司のエビもエビチリもおいしく頂きます。
むしろクセがなく、どんな料理でも合うので好きです。
しかしですね。
しかしですよ。
なぜ料理人はエビのしっぽをつけたまま料理に混ぜ込むんですかね!

もうこれだけは我慢ならん。
なぜご機嫌で茶碗蒸し食べてた手を休め、
しっぽをつまみ、手を汚してエビを食べなきゃいけないのかね。
寿司でもそうだ。
元々食べやすい一口サイズで片手で食べれるのが寿司のいいところじゃないのかね。
なんだあのエビは。
尻尾がなけりゃコンパクトサイズなのに、スムーズに食べれるのに。
わざわざ手を汚して尻尾だけ取らないといけないのかね。
エビフライもそうだ。
ちょっと高いのになると頭まで付いてやがる。
結婚式にでてくるエビはもっとひどい。
本体部分の殻まで付いたまま茹でてある。
おしぼり片手になぜ解剖しなきゃいけないんだ。

エビ料理人よ、考え直すがよい。
エビの尻尾を取って調理するだけでどれだけの人が幸福になるか。
真の料理人になりたくば、客に心から喜んでもらいたくば、
今後エビのしっぽは外して調理するがよい。
[PR]
by toro_toro_toro | 2006-10-06 18:36 | 思ったこと