ねこだいすき


by toro_toro_toro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

清く正しい昔のテレビ

f0021803_16454760.jpg
某所で昔のTV欄というものを見た。
やたら変色していて見づらいが、タイガーマスクやらハクション大魔王やらをやっているのでかなり昔のものだとわかる。

どの局も夜0時で放送が終わるというのも驚きだし、朝~昼~ゴールデン~夜中と一日を通して枠のサイズが一定というのも驚く。
(今はゴールデンは行数をいっぱい取って、逆に早朝などは細いですよね)

たかがテレビ欄とはいえ、いろいろ改良をされてきたんだなぁ…と思ったところでふと気付いた。
「この当時のTVは清く正しいではないか」
何を言っているのかというと、番組の開始&終了時刻のことである。

どの番組もお行儀良く00とか15とか45とか、わかりやすくきっちりとした時刻に
開始&終了しているのである。
しかし今の番組はどうだ。54分開始?54分終了?16分開始?35分開始?
なんだこの入り乱れ様は!
元はと言えばどこかのバカ番組が
「00分より59分から始めたほうが、他の局の競合番組より早く開始できるからそれだけ視聴率とれるよね」
とかいうバカな考えで始めたのが、我も我もと加熱するあまり58分、57分となり
いまや報道ステーションなんて54分開始だ。

バカじゃねぇのか?

そもそもなぜこんな競争が起きたかというと、リモコンである。
リモコンにより、TVは「ザッピングしながら見る」という
とてつもない「ながら文化」を生み出し、それにあわてた制作側が
『CMの後、驚愕の事実が!』とか『○○登場まであと30秒』とかいう
何が何でもチャンネルを変えさすまいという必死の作戦に出たわけだ。
放送開始時刻を繰り上げたのも、他局がCM中にいち早く次の番組を放送していたら
そこでザッピングが止まり、視聴者がとりあえず見てくれるからだ。

だがしかし、だ。
いまやもう「リモコンザッピング時代」は終わろうとしている。
HDDレコーダーやPCでの多チャンネル録画の急速な普及により、
番組なんてTVにかじりついて見るようなものでは無くなってきている。
今まではつまらないシーンがあればチャンネルを変えられたかも知れないが
HDD録画を見直す場合は瞬時にシーク(早送り・頭出し)ができるので
たとえ途中がつまらなくてもさっさと飛ばして次のコーナーを見ちゃうのだ。

つまりTV制作側さんは、今までのように怒濤のたたみ込み展開(に見せかけた物)を
作らなくてもいいと思う。
そして放送開始時刻も普通に00分からとか30分からとかわかりやすいのに戻してほしい。
なぜならば、わかりやすい方が録画予約しやすいからである。
iEPGがあるとはいえ、出先からケータイで予約しようとか思うと
うろ覚えでは非常に困るのだ。

長々と書いて、ふと思ったのだが
私は元々あまりTVを見ないんだった。
見るとしたら特定の番組だけを時間をばっちりチェックして「それだけ」見るのだ。
もしかしたらまだ国民の9割がザッピングしまくりんぐでTVを見まくりんぐなのかもしれない。
そうだとしたら長々書いた文は丸々無駄ということだ。
どうなんだ・本当のところは。
[PR]
by toro_toro_toro | 2006-06-14 17:15 | 思ったこと