ねこだいすき


by toro_toro_toro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ソニエリのWalkmanケータイは何を考えておるのだ

ソニーエリクソンがついに日本でもWalkmanケータイを発売するらしい。
「いままでもあったじゃないか」と思うだろうが、
あれとこれとは違うらしい。
SONYの人にとってはWalkmanブランドは水戸黄門の印籠のようなもので
そうホイホイと使用するわけにはいかないらしいのだ。
つまり「本気の音楽ケータイ」だからこそWalkmanブランドを使用したというわけだ。

しかしどうだ、その中身は。あまりにお粗末じゃないか?
過去の反省とかiPodなど他の売れた物を研究したとかいう雰囲気が全くしない。
記事をざっと見て、良い点・悪い点を挙げてみる。

×操作性が微妙すぎるミュージックシャトル
×しかもそれをケータイのお尻部分に付けたもんだから
 せっかくのケータイなのに片手操作不可
×さらに悪いことにアルバム切り替えなど複雑な操作は
 別ボタンで操作という統一感の無さ
△本体メモリに音楽専用1G(微妙)
×拡張メモリはメモリースティック。
 こんな絶滅品種を使うなんてありえない。
×MP3を転送できない。ATRAC3のみ対応というSONY様々殿様仕様。
×本体メモリとメモリースティックはなんと別プレーヤーを起動しなければならない。
 「人間様がわざわざどっちに何の曲が入っているか覚えておいて
 その都度操作をしなければならないなんて、何のための機械だね!」
○最大30時間という長時間再生。
 しかしこれは本体メモリに転送した場合のみらしい。
 ATRAC3のビットレートだとかがチラチラと気になりますね。※1

とまあ、まったくもってゴミ以外の何物でもない物体ですね。
ただで使って良いと言われてもストレスがたまるからヤダと断ります。

私がここで一番強く言いたいのは、なぜあのミュージックシャトルとやらを
お尻部分に付けてしまったのかねという事だ。
ケータイの利点は片手で操作できること。
つり革に掴まりつつもメールを書いたり、ネットをみたりできる。
そこがケータイの良いところなのです。
iPodだってそう。片手ですべての操作が簡潔するからあれほど使いやすい。
どちらも縦型に自然に持って、親指でササッと操作できる。
しかしどうだこのミュージックシャトルは。
「つまむ」という動作が必要なため、必然的に親指&人差し指が動員される。
f0021803_2124845.jpg

従来のメモリ型プレーヤー(写真左)の細さ・小ささならば片手で操作できた。
しかし今回のケータイ(写真右)のようになってくると話は別だ。
どう頑張っても片手では不可能で、両手でデジカメのように構えて操作することになる。
使いづらい。苦痛である。

SONYは「カッコイイワカモノ」向けにデザインしたんだろうが
残念ながらiPodと比べるといまいちダサイ上に使いづらい。
「Walkmanブランド」を名乗るにはあまりにはずかしい出来である。

※1:SONYはちょっと前、66kbps程度の雑音圧縮音楽で「長時間再生」だの
 「1万曲入る」だのあほらしいことを言っていました。
 bps下げればデータ転送が少なくて済むのでそりゃ電池は長持ちしますし
 容量あたりの曲数もべらぼうに増えますね。だれもそんな妥協望んでませんが。
[PR]
by toro_toro_toro | 2006-05-23 23:42 | 思ったこと