ねこだいすき


by toro_toro_toro
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

新聞の存在意義について

毎朝届く新聞。
どれくらい読んでますか?
私は小さい頃から毎日かかさず読んでいます。
が、読む場所と言えば1面とテレビ欄をめくったところと
さらに時間があれば2~3面を読むくらいです。
スポーツ面とか興味ないし、地方ニュースもね。

ところで、新聞社が特殊指定を取り消されそうで騒いでいるようです。

特殊指定を取り消したら価格競争が起きて、情報が平等に行き渡らなくなる
国民の文化水準は落ち、民主主義も後退を余儀なくされることになる・・・と。

妄言もいいとこだと思いません?

大体「新聞」って言っておきながら、朝刊は0時ごろの情報
夕刊も昼前の情報しか載ってないの。
しかも文字以外の情報は最近はカラーが増えたとはいえ、雑な紙に印刷した見づらい写真のみ。
文字も紙面に広告やらなんやら詰め込むもんだから、段落ごとに
あっち行ったりこっち行ったりの読みづらさ。
紙面のサイズも広げて読むにはでかすぎ、たたんでみたら縦長すぎる。
結局電車でよく見かけるおっさんのようにテクニカルに折りたたみ
新書サイズにして「記事の断片」を読むという高等テクニックをマスターしないと
外では読めないということになる。

みんなわかっているんだ。みんな気付いているんだ。
でかい紙面は広告のため。
古い情報を印刷するのは印刷屋のため。
わざわざ配るのは販売店の売り上げのため。折り込み広告を入れるため。
それでも日本人は惰性でここまで新聞を取ってきた。
しかし今の世に生きる人たちは違う。
ケータイの普及により家の電話が壊滅したように、新聞ももはや生き残るとは思えない。

たとえば明日朝、家に新聞が届いてなかったとしよう。
TVをつけてニュースと天気を大まかに眺め、通勤/通学の車内で
ケータイでニュースヘッドラインを読む。
(私はVodafoneなのでステーション。Docomoの902の人はiチャネルで。)
会社や学校についたらPCでGoogle NewsやYahooニュースやらを表示させ
気になるニュースがあれば詳細をみればいい。
TV番組表だってネットで一週間先までみれるし、iEPGで予約もできる。
あまり速度を必要としない私の生活でさえ、新聞がなくて十分なのだ。
十分というより新聞が存在する意味がないと思われる。
これが速度を必要とする株価やらスポーツ速報やらを見る人にとっては
もはや新聞などみるわけもない。

ネットでニュースを読めば各社の読み比べなどたやすいものだ。
海外から見た見方も簡単に知ることができる。
日米の牛問題の温度差や日中の緊張感などをたやすく知ることができる。
わからない用語があればすぐ検索できるし、関連ニュースには大抵リンクしてあるので
一つの事件を順を追って知ることもできる。
そのニュースに対する評論家・知識人などの意見も容易に知ることができる。

新聞はもはや新聞としての存在意義がないのだ。
情報だけ売ればいい。紙に印刷する必要は全くない。
新聞社は情報社として生き残ればよい。

「戸配していた店が潰れるじゃないか!どうすればいいんだ!」
きっとこう叫ぶ人がでるでしょう。
時代の流れによって職業が衰退するのはしかたないことです。
電話の交換手・バスガール・線路切り替え人・無声映画の弁士・・・
今まで消えていったものを挙げていったらきりがないです。
新聞だけを特別扱いする必要はありません。

でもどうしても、というなら広告だけを配ればいいじゃない。
元々大量の押し紙のせいで儲けは折り込みチラシから出てたんだし。
まあそのチラシも必要なのは決まったスーパーのチラシだけ。
あとはパチンコ屋やらイラナイものばかりなんだけどね。

もう月々4000円も払って無駄な紙を定期的に縛って捨てる作業なんてしたくない。
これが小さい頃から真面目に新聞を読んできた私の結論です。
[PR]
by toro_toro_toro | 2006-03-19 23:07 | 思ったこと